Home > i-Checkerが選ばれる理由

i-Checkerが選ばれる理由

i-Checkerのココがスゴイ!

呼気中の低濃度アルコールを的確に測定できる

道路交通法において呼気中のアルコール濃度が0.15mg/L以上0.25mg/L未満が酒気帯び運転で0.25mg/L以上は飲酒運転として裁かれますが、飲酒運転で検挙されるほどのアルコールが呼気中にあれば飲酒しているのは一目瞭然で検知器がなくても臭いと見ためで飲酒か否かの判断が付くと思います。
そこで飲酒は少しの量でも人間の判断能力に影響を及ぼすと言われており、アルコールチェッカーを選ぶ上で大事なことは二日酔い状態やお酒を飲んでいるのか否か判断がむつかしいこの0.25mg/Lや0.15mg/Lよりも低い0.15mg/L~0.05mg/L辺りの酒気帯び状態の低濃度アルコールをいかに正確に検知することができるのかが一番重要であると言えます。
i-Checkerは飲酒運転で検挙される呼気中アルコール濃度0.25mg/L 以下の0.25mg/L ~0.05mg/L迄を0.01mg/Lきざみで正確に検知します。
見た目で飲酒しているかどうか判断しかねる上記範囲の数値を正確に検知し、事故を未然に防止することが業務用アルコール検知器を選ぶ上での最重要課題となります。

定期点検はメンテナンス価格で必ず新品と交換保証

◇センサー交換時に、これを怠る会社の製品にはご注意下さい◇
▶アルコール検知器は精密機器です。
必ず有効使用期間か使用可能回数のいずれかを超えた際はセンサーの交換を行う必要があります。 (お知らせ機能付き)また検知器のセンサー交換後にはアルコールシミュレーターを用いて2回の検査を行う必要があります。これは製造時に必ず行う検査と同じです。まずセンサー搭載後、専用の検査機器で低、中、高と規定数値のアルコールを吹き込み正確にその濃度の数値を示しているか否かの1回目の検査を行い検知器の数値を調整します。そしてしばらく清浄な空気にさらした後(最低20日以上)再度同じ方法で正確に数値を示しているかあらためて検査を行います。1度目と2度目で数値が違う場合があるので日にちを空けてより正確に検査を行います。
◇定期点検は必ず新品との交換保証◇
メーカの謳う使用可能回数まで正確に最後まできちんと測定できるか
弊社は、センサー交換時にお客様のお手元に製品の無い期間が発生したり、交換作業に伴う無駄な時間をかけない為に、定期点検は新品との製品交換を行うように致しました。またその際、新品と同じように再度1年間の製品保証もお付けしております。※他社のセンサー交換できるものでも製品保証は家電と同じおおよそ1年で無くなります。
 i-Checkerなら定期点検後も常に新品の状態で安心してご使用していただけます。
●定期点検費用
▶FT-001 :8,700円(税別)▶FT-001A:12,200円(税別) ▶FT-003:14,200円(税別)
使用限度を超えたアルコール検知器は正確に検知することができないのでご注意ください。
もし、取扱い説明書や製品保証書に記載されている期限を超えて使用された場合や、アルコール検知器の故障の有無及び、有効期間を確認しない場合は行政処分の対象になります。
アルコール検知器の常時有効保持義務違反→初違反20日車 再違反60日車
i-Checkerはアフターサービス万全で、いつでも高精度なまま安心してお使いいただけます。

SDカード(FT-001、FT-001A)又は、本体内蔵メモリー(FT-003)で 日付、時間、データーの記録・保存ができる

i-Checkerは全機種PC接続していなくても本体に記録が可能。 FT-001、FT-001AはSDカードで記録をするタイプで、あわただしい出庫時、帰庫時でもドライバーは測定後SDカード(自分専用に登録された)を管理者へ渡すだけ、管理者は手の空いた時にまとめてPCへ記録を行なうことができます。
FT-003は本体内蔵メモリータイプで予め社内の運転者を登録して3,000件のデータを記録する事ができ、5名のドライバーを登録した場合600件のデータを記録する事が出来ます。 複数台のご使用で、短時間で点呼が終わります。
据置でも携行でも使用可能な記録式!

専用管理ソフトが無料で付属・簡単操作でデータの一括管理が可能

・全運転者一覧・各運転者毎・NG者毎・日時、期間毎に自動でPCで一括管理、必要なデータ毎に閲覧・印刷が可能。 今までのように対面点呼時に手書きで数値を書き込んだり、印字されたものを張り付けたりする必要はありません。膨大な手間や紙の量による記録保管業務から解放されます。 運行管理者の業務負担を大幅に軽減! (ソフトは無料なので余分な出費もありません。i-Checkerならではのコストパフォーマンスを実現!)

低価格! クローズドブローで記録式

従来のクローズドブローで記録式のアルコール検知器は高額なものしかありませんでした。クローズドブロー方式の場合、呼気をダイレクトにセンサーへ送り込むことが可能なため正確で確実な測定が出来ます。
オープンブロー方式で簡易型の場合は吹きかける距離や強さでセンサーへの呼気量が変わる事によって数値にバラツキが発生し、呼気1L中に含まれるアルコール濃度を正確に測定することはできません。

※クローズドブロー方式:マウスピースや管を使い、外気を経ることなく直接センサーへ呼気を送り込む方式
※オープンブロー方式:口から少し離した状態でセンサーへ向けて息を吹きかける方式で、吸い込んでも0.00mg/Lで検知する場合があります。

クローズドブロータイプで記録式 この価格はあり得ない!

呼気検知用センサー(不正測定防止機能)を搭載! 吹きかけエラーの判定を行います

測定中に呼気が正しく一定の量を吹き込まれているか否かを音でお知らせし、正しく吹き込まれてない場合は「エラー判定」を行い不正測定を防止します。
昨今アルコールチェッカーでの不正測定が多く、不正測定防止機能が無い他社製品においては吹きかける距離や強さ及び時間で数値は変動し誤検知を起こしてしまいます。また、振ったり、吸い込んだりするだけでも0.00mg/Lと測定してしまう機器もあります。
i-Checkerは高性能センサーで誤検知を防止し、エラーを判定してお知らせします。

小型で記録保存&携行可能 据え置型以上の高性能で効率的

据え置型は大型で高額なので数多く設置が出来ません。また1名あたりの測定完了までに時間を要し、出庫、帰庫時にドライバーと管理者へ無駄な労力と時間を費やし不経済です。
小型で低価格のi-Checkerを複数台事務所に置くことで大人数でも短時間で楽に点呼が完了します。
また出先での対面点呼が行えない場合でも日付、時間、データを運転者毎にしっかり記録できます。

測定中と検知結果をそれぞれの音で確認可能 社内安全風土の確立

測定中・測定完了・アルコールを検知した場合の各々の状態を音の違いによって確認することが出来ます。 また、電話の受話器を通じて通話中のチェッカーのブザー音を明確に聞くことが出来るので、外出先での電話点呼時の測定中(きちんと測定しているか)と測定結果(アルコールを検知したか否か)も電話を通して音で確認する事が出来ます。 これにより電話点呼の際でも、やったふりは通用せず、ドライバーは必ずアルコール測定を行わねばならなくなり、社内安全風土の強化とドライバーの安全意識の向上にもつながります。

使用期限を音と表示でお知らせ

本製品の使用期限(精度保証)は、ご購入後1年間又は3,000回使用のどちらか早い方までです。 使用期限が近づきますとブザーと表示でお知らせすることで、常時有効保持義務違反を防止します。 また、測定回数は検知器に毎回表示されます。

このページのTOPへ戻る▲