Home > アルコール検知器の正しい選び方

アルコール検知器の正しい選び方

アルコール検知器の正しい選び方

呼気中の低濃度アルコールを的確に測定できるか

・カタログ上だけの測定可能範囲とでたらめな測定数値
メーカー公表値「0.050mg/L~1.000mg/Lまで測定可能」と明記されていても、新品購入後もしくはメンテナンス後数か月経過した検知器にアルコールシミュレーター(アルコール発生検査装置)で、0.05mg/L~0.07mg/L周辺の低濃度のアルコールを吹きかけても検知できない検知器が存在します。
いわゆる缶ビール1缶を飲んで、約40分~60分後や二日酔い状態に値する数値を検知できない器機が世の中には非常に多く存在しているのです。
やもすれば酒気帯びに値する0.15mg/L前後の数値を検知できなかった例もあるぐらいです。
(※他メーカーの機器とFT-001との実験結果による一例) アルコール系のマウスウォッシュを口へ含み吹き込んだり、泥酔状態のアルコール濃度でようやく反応する検知器など全く意味がありません。
基本的に電気化学式(燃料電池式)センサーは半導体センサーと比べると高濃度のアルコールには強く、低濃度には非常に弱い特性があります。
当社の製品は電気化学式センサーだから高性能!と謳いながらも実は半導体ガスセンサを併用搭載して販売しているメーカーもあるぐらいです。
見た目で飲酒しているかどうか判断しかねる上記範囲の数値を正確に検知し、事故を防止することが業務用アルコール検知器を選ぶ上では最重要課題となります。

メーカーの謳う使用可能回数まで正確に最後まできちんと測定できるか

・測定可能回数の不思議
測定可能回数が15,000回や60,000回と表示してある製品がありますが、本当にできるのでしょうか?消費者には分かる由もないですよね。
高額なある有名メーカーの15,000回測定可能というアルコール検知器を、アルコールシミュレーター(アルコール発生検査装置)で 0.10mg/L- 0.20mg/L- 0.40mg/Lのアルコールを連続測定した場合、2,500回程度で0.10mg/Lのアルコールを0.00mg/Lと表示し以降検知不能となりました。
何の根拠も証拠もない数値を好き勝手に表示しているとしか考えられません。実際にエビデンスを確認することが大事です。

第三者機関による性能評価試験を受けきちんと消費者へ公開しているか

・その商品を作ったメーカー以外の第三者機関での客観的な検査や試験成績表を公開していない
 (公開できない)メーカーの製品は購入すべきではない

メーカー内の自社測定検査データすら公開していない会社もあるようですが、少なくともこれらを消費者へ公開するのがメーカーとしての義務であり責任と言えるでしょう。

不正な測定が出来ない仕組みになっているか

・検知器自体が不正な測定ができない構造と仕組みであること
吸い込んだり軽く口内の空気を吹くだけで測定結果が出てしまい、簡単に不正が出来るものがあります。
仮に飲酒もしくは二日酔いの被験者が簡単に不正測定ができるような検知器では全く意味がありません。呼気量もしくは呼気を検知するセンサー等を搭載し、測定時に不正が行えない仕組みの物を使用すべきです。

後々の為に、きちんと記録が残せるか

・簡単に測定の記録を残せるの事が大事
多くの簡易式アルコール検知器は記録を残す事ができず、計測日時、計測結果を手書きで記録する事になり、記載間違いや記入漏れが発生しかねません。、機器本体や管理ソフトと共に記録が残せるものであれば、監査が入る等の思わぬ不測の事態の場合でも慌てることはありません。

日本の風土や季節に対応しているか

・地域や季節によって適正に使用できない検知器があるのです
日本には四季があり、北海道から沖縄では気温と湿度の差は非常に大きいと言えます。
使用環境が(+10℃~+40℃)の物では沖縄を除く冬場の日本国内での早朝や真夏の一部地域では使用できない場合も考えられます。
業務用アルコール検知器としては、最低でも使用温度範囲(0℃~+40℃)保存温度範囲も(-20℃~+60℃)程度の安定した測定が可能なものを選ぶ必要があります。